アンテナ取り付けや換気扇の交換にも対応!充実したサービスが満載
テレビ映りの悪さはアンテナが原因?~取り付け工事に関すること~
インターホンには寿命が存在する~種類別で見てみよう~
忙しいあなたにぴったり!換気扇クリーニングサービス

電気工事業者で換気扇の掃除をしてもらおう~依頼の仕方について~

電気工事のプロが行なうクリーニングサービス

換気扇

ゲストハウスはたまにしか訪れることがないので、なかなか細部まで掃除することができないでしょう。手が行き届きにくい換気扇などの掃除は、電気工事士に依頼してみてはいかがでしょうか。

どんなことをしてくれるの?~サービス内容~

電気工事士が行なってくれる作業の一つに、レンジフードクリーニングというサービスがあります。換気扇の汚れを落として綺麗にしてくれるサービスで、対応可能な地域であればどこにでも駆けつけてくれます。作業するときは、まず周辺が汚れるのを防ぐため養生を行なうことから始めます。次に、掃除がしやすいように部品を分解して洗剤に付け置きしておきます。ファンの部分を専用の機材で洗い、フードカバーの内部を洗浄していきます。水気が乾いたら部品を元に戻して正常に動くかどうか動作確認を行ない、問題なければ完了となります。

忙しい人でもネットを利用すれば簡単に予約できる

サービス利用の一連の流れ【忙しい社長さんの場合】

ファーストステップ~ネット予約~

仕事で忙しい女性社長の場合、なかなか申し込みをする時間を取れないこともあるでしょう。そんな人でも手軽に利用できるように、ネットで予約できるサービスを行なっています。希望の日時などを入力するだけで、簡単に電気工事士に依頼することができますのでとても便利です。

セカンドステップ~予約確認~

予約が完了したら、後日電気工事業者のほうから折り返し確認の電話が来ます。電話はいつ来るか分からないので、忙しい女性社長さんなどは秘書に対応してもらうといいでしょう。

サードステップ~クリーニング作業当日~

確認の電話が来たら、指定した日時にお客様のところに伺います。業者によって異なりますが、作業を行なう際に立ち合いが必要なところもあります。事前にスケジュールを確認して、立ち合いができるように準備しておきましょう。

ファイナルステップ~お支払い~

作業が無事完了したら、お金の支払いをして全て終了となります。費用の支払い方法は業者によって異なり、現金・クレジットなどお好きな方法から選択することができます。どの支払い方法を扱っているかは、事前に業者へ確認しておくことが大切です。

注意しておくべきポイント

電気工事士に換気扇のクリーニングをお願いする際、注意しておきたいポイントがいくつかあります。まず一つ目は、換気扇が古かったり故障していたりする場合は作業ができない可能性があるということです。クリーニングを依頼する際は、換気扇が故障していないか事前に確認しておくといいでしょう。二つ目は、劣化が激しい場合クリーニングではなく換気扇そのものを交換する必要性があるということです。こういった点を踏まえた上で、クリーニングサービスを利用してみるといいでしょう。

TOPボタン